TOO LONG AWAKE(水戸ホーリーホック応援blog)

水戸ホーリーホックの観戦記録などを綴っています。

2021 J2第18節 水戸2-0相模原 良い流れで先制点

ここ数試合のチームとしての仕上がりの良さは継続中。コンパクトで連動した守備も意思統一されていたし、攻撃時の連携も存分に発揮されていた。そして今節は、前半冒頭から相手を圧倒し、水戸の時間帯のうちに先制点を取り切れた。それが大きかったですね。試合運びが一気に楽になり、内容に結果が付いてこなかった群馬戦とは対照的な結果になりました。

選手を個別に見ていくと、平野&木村のダブルボランチになって、攻撃時のパス回しが格段に良くなり、相手を左右にしっかり振れるようになりました。また、中央で自在に動く奥田、ドリブルもパスも選択肢が豊富な松崎が中心となって、効果的な攻撃を見せてくれました。SBの村田、大崎も積極的な攻撃参加で良かったですね。今のフォーメーションは、選手の強みを引き出す意味では良いですね。あとは、攻撃力が高いチームと対戦したときに、守備が耐えられるかどうかですね(そこはちょっと不安)。

もう一つ書き加えるなら、牲川の成長っぷりが素晴らしい。今シーズンに入って、ビッグセーブを見せてくれる場面が一気に増えました。今日の試合でも、相手の決定機を防いでゼロ封の立役者に。チームが勢いづくために、非常に大きなプレーだったと思います。

今のチームの状態は良いと思います。あとは結果をしっかり残せば、勢いに乗っていけるのではと期待しています。

選手寸評

牲川(6.0)ビッグセーブあり。最終ラインの裏スペースのケアもしっかり。
住吉(6.0)守備の要として今日も君臨。来季は水戸から旅立ちそう。
鈴木(5.5)安定感あり。空中戦でもしっかり競った。
村田(6.0)攻撃参加で強みが磨かれてきた。本人も自信がでてきたように感じる。
大崎(6.0)試合の流れを決めるゴールで甘めのMOM。守備は課題もあるけどね。
平野(6.0)安藤のゴールをアシスト。攻撃の組み立ての中心を担う。
木村(6.0)平野との連携よし。時間を作ったり縦パスを入れたりと効いていた。
森 (5.5)バーを叩く惜しいシュートあったが、それ以外はボチボチな出来か。
奥田(6.0)良い位置に顔を出しボールキープできて、パスも出せる。脂が乗ってきた。
松崎(5.5)水戸の攻撃の中心。ただ、今日はパサーに徹する場面が多かった?
安藤(5.5)有機的な攻撃に上手く絡めない場面が目立つ。ただワンチャンス決めた。
三國(5.5)いつもよりプレー強度を高くしようという意識を感じた。
後藤田(5.0)交代後のファーストプレーはPKになりそうでヒヤリ。
平塚(5.0)あまり良いプレーが見当たらなかったが、最低限はこなしたか。
山根(5.0)ボールが来てからガッツを見せるが、来る前の準備が足りない印象。
深堀(5.0)出場時間短く仕方ない面はあるが、見せ場を一つも作れずに試合終了。
秋葉監督(5.5)
今のフォーメーションでチームの成熟を進められているのは〇。
選手交替も選手の選択、時間帯とも納得感はあった。

2021 J2第17節 群馬2-1水戸 良い流れで点が取れない

前半の半ば過ぎから水戸の分厚い攻撃が続いたあの時間帯にしっかりと先制点を取れていたら、全然違った試合展開になっただろうね。でも今日は取れなかった。反対に、油断のあった守備から2失点。非常に悔しいゲームとなりました。

攻撃については、コンビネーションが成熟してダイレクトでパスを回すことができ、特に心配していないけれど、やはり守備が拙いね。鈴木はやはりプレーが大人しすぎるので、早くタビナスに帰ってきてもらわんと。左サイドの穴が埋まったと思った大崎も、ここ2試合は自信なさげで消極的なプレーで足を引っ張っているし。勝つために失点を減らすことが今の最優先課題だと思います。

【選手寸評】

牲川(5.5)1失点目はふいを突かれた。至近距離シュートの素早い反応は良かった。
住吉(5.5)2失点目は大前に身体を入替えられた。攻撃の組立に積極的に絡んだ。
鈴木(4.5)1失点目は鈴木の責任重い。
村田(5.0)攻撃面では存在感が増してきたが、松崎&村田の守備力の低さが不安(本人達は頑張っていると思うけど、組み合わせ上どうしても弱点になる)
大崎(4.5)中途半端、消極的、ミス多し。もっと自信をもってプレーしてほしい。
平野(5.5)良いパスも出すが、今日は引っかかってカウンターを浴びることも。
木村(5.5)タメを作ってチームの攻撃に貢献。もっと早く捌く選択肢もあって良い。
森 (4.5)森の日ではなかった。パスがなかなか来ず、来ても失うこと多かった。
松崎(5.5)相手に十分警戒されていた。ただ、パスセンスも素晴らしくアシスト記録。
奥田(5.5)色んな局面で顔を出したが、いつもよりボールに触る機会少なかったか。
安藤(5.0)群馬FWとボールの収まり方に差が出た。シュート打つ場面で消極的パス。
新里(4.5)パス精度低く、カウンターを招くミスも複数。
山根(5.5)ワンチャンスをモノにした。身体もっと絞ったらどうかな。
ブラウンノア(5.0)期待ほど存在感を発揮できなかった。プレー選択がやや安易。
秋葉監督(5.0)
選手交替を3人に抑える判断は控え選手を見れば妥当。だが結果的として攻撃は活性化できなかった責任はある。

2021 J2第16節 愛媛0-5水戸 攻撃爆発

ここ数試合続いていた「内容は良いけど勝てない」試合の鬱憤を晴らすようなゴールラッシュ&クリーンシートのゲームでした。立ち上がりから攻勢をかけて試合の流れを引き寄せ、その流れのまま得点。先制点を取ることの大切さを改めて感じました。また、前半3得点を取ってからも攻撃の手を緩めず、前向きなプレーを試合通して続けたことも良かったと思います。この試合で自信を取り戻して、連戦に向けて弾みがつくと良いですね。

愛媛と比較して、水戸はチームとしての統一感がありましたね。過去の数試合を含めても、選手同士が連動してプレーして観ていて「おっ」と思わされる場面が多い。秋葉監督の目指すサッカーが浸透していると感じました。

ただ、愛媛が弱すぎた点(連戦の疲れがあり気の毒でしたが)は割り引いて考えておく必要はありますね。松崎が試合後インタビューで「相手との兼ね合いで・・・」と答えていたのは、守備がザルだったのを柔らかく表現したものと認識。強豪相手には今日みたいに簡単には通用しない場面も出てくるし、特に守備面では、松崎&村田の右サイド、森&大崎の左サイドという組み合わせに脆さがあるのは確か。その辺りのリスク管理をしながら、どうやって勝ち点を積んでいくか、今後の強豪相手の対戦に注目したいと思います。

・・・と、色々と思うままに書いてしまいましたが、今日は素直におめでとう!

【選手寸評】

中山開(5.5)初出場だったが落ち着き十分。CB裏のカバー意識はもう少し欲しい。
住吉(6.0)1得点。プレー強度は強靭だったが、いつもよりちょっと精彩欠いたか。
鈴木(5.5)安定感あるプレーを披露。ビルドアップも無難にこなした。
村田(5.5)前節も書いたがフィットしてきて、持ち前の攻撃力が生かされてきた。
大崎(5.0)これまで穴だった左サイドに安定をもたらせる存在になるか。ただ、今節のプレーは控えめに終始。もっと積極的に良いぞ。
平野(6.0)攻撃のタクトを振るう。後半集中切らす時間帯もあったが、持ち直して5点目の奥田への絶妙なラストパスを送る。
木村(5.5)バックラインに頻繁に下りて組み立てに参加。リズムとアクセント。
奥田(6.5)松崎への2アシスト+1ゴール。ポスト直撃弾や山根に出した”決めるだけ”のスルーなど、得点にならなかったチャンスも量産。MOMに。
松崎(6.5)決定力の高さを見せつける2得点。積極性を感じた。もう一人のMOM。
森(5.0)いつもよりボールを触れる機会が少なく、存在感が薄かった印象。
安藤(6.0)直近数試合の不振ぶりを見返す出来。チームのために動き回った。
新里(5.0)可もなく不可もなくといったところか。
平塚(5.0)中盤底での平野のフォローを無難にこなした。やや押し込まれたか。
岸田(5.0)積極性あるプレーがいくつかあり。ビッグチャンスでは迷いのパス。
山根(4.5)途中出場でシュート5本は立派だが決めるべき場面を全て外した。
三國(5.0)ゴールエリアでのクリアミスなどやや不安は残ったが、無失点に貢献。
秋葉監督(6.0)
内容に結果がついてこない試合が続いた中で、気持ちを切らさずに今日の試合もやり抜いて勝利を得たことは素晴らしい。チームとしての意思統一が図られている。ただ、不発の山根永遠の起用はしばらく控えてもよいかも。

J2第15節 水戸0-1甲府 時間とともに尻すぼみの展開

試合内容を「評点」するなら水戸のほうが総合点で上だったかなとは思います。しかし現実の結果は敗戦。京都戦に引き続き、"善戦するけれど勝てない”典型的な試合となってしまいました。相手のファーストチャンスで失点してしまう悪い癖は、反省したいところ。

選手寸評

牲川(5.5)失点はPA外からなので防いでほしかったが、後半2つのビッグセーブ。
住吉(5.5)相変わらず対人での絶対的強さを披露していた。
鈴木(5.0)失点場面は寄せが甘すぎた。守備の危機意識がもっと欲しい。
村田(5.5)SBがフィットしてきた。松崎・奥田と連動して良い形で攻撃参加。
タビナス(5.0)自分でやろうとしすぎ感がちょっと出た。ミスもちらほら。
平野(6.5)90分にわたり攻撃のスイッチを入れ続けた。縦パス素晴らしい。MOM。
奥田(6.0)効果的なボールキープでリズムを作った。惜しいシュートも複数放った。
木村(5.5)前半のヘッドは決めたかった。奥田と同様中盤でリズムを作り出した。
松崎(6.0)自ら仕掛けることも周囲も生かすこともでき、チャンスを量産した。
山根(5.0)松崎のいる右サイドとは対照的に攻撃が停滞していた。
安藤(5.0)身体を張ったプレーは目立ったが、チームを助ける効果的プレーは少ない。
森(5.5)精力的に動き回ったが、相手に脅威を与えるプレーはできなかったか。
深堀(5.0)1対1で積極的に仕掛ける姿勢は良かったが、結果は付いてこなかった。
新里(5.0)10分間の出場だったが、出番なし。
平塚(4.5)慣れない左SBで精彩欠くプレー。
ブラウンノア(4.5)相手DFに完全に抑えられていた。巧さを身につけなければ。

2021 J2第14節 京都1-0水戸 今シーズン最もファイトが見られた試合

試合の入り方はベスト。5バックにしながらも、決して重心を下がり気味にならず、選手が連動してプレスに行くスタイルが機能していた。守備の中央3人のうち住吉とタビナスは京都選手に食らいついて自由を与えず、村田&温井も積極的にプレーをしつづける意識があった。ボールを奪取したら、動き出しの良い2トップがボールを収め、そこに奥田や森がフォローして素早い攻撃から相手ゴールに迫る展開。・・・と、素晴らしい内容でしたが、相手のファーストシュートで運悪く失点。その後も、下を向くことなく試合を通じてファイトが見られる試合でしたが、結果はそのまま同点ゴールは遠く敗戦となりました。

ただ、選手は良くやってくれました。負けはしたけど責めるところはない。気持ちを切り替えて次節にまた気持ちの籠ったプレーを見せてほしい。それだけ。

選手寸評

牲川(6.0)ビッグセーブあり。シュートへの反応の良さが際立ってきた。
住吉(6.0)強靭なフィジカルで守備をし、巧みな技術でビルドアップ。
タビナス(6.5)気迫のオーバーラップは迫力満点。守備に攻撃に積極的だった。結果的にタビナスが前に出た背後を突かれて失点したが、やむなし。MOMに。
鈴木(5.0)カバーリングなど、守備バランスを整えるプレーは無難にこなす。
村田(5.5)今季一番の出来では。守備の積極性もあり、チャンスメイクも複数あった。
温井(5.5)気合いを感じた。シュートも打ったし、クロスの質の高さも見せた。
平野(6.0)積極的にパスを受けて攻撃を展開。相手プレスをしっかり躱せていた。
森(5.0)いつも通り積極的に動き回るも、プレー精度を欠き好機をモノにできず。
奥田(5.5)前に持ち上がるプレー、キープして味方を使うプレーはこの試合も光った。
ブラウンノア(5.5)動き出し良く攻撃展開に良く絡み、ボールも収まった。バイス相手にも競り負けないパワーを見せた。
中山(6.0)ポストプレーで水戸の攻撃を引っ張り続けた。最後、決めたかった...。
大崎(4.5)試合にあまり入れず。1対1の場面でも仕掛けず消極的パスを選択。
新里(5.0)プレー時間短いため評価は可もなく不可もなく。
山根(5.0)今節もやや空回り気味だったか。つんのめり過ぎず周囲と息合わせたい。
安藤(4.5)荒いプレーが多くファイルで好機逃す。ブラウンノアに及ばなかった。
松崎(5.0)惜しいシュート1本。京都の守備が速く自由にさせてもらえなかった。
秋葉監督(5.5)
5バックの選択は当たりで、特に前半は水戸が終始主導権を握ることに成功した。選手交替は攻撃的に行く意図だったが、結果としては守備力が下がったため京都に押し込まれる流れになってしまった印象。

2021 J2第13節 水戸1-1栃木 勝つべき試合が引き分けに。

勝つべき試合を引き分けで終えてしまったという内容で、非常に悔しい一戦となってしまいましたね。チームとしての実力差は明らかにありました。栃木の攻撃はロングボールを蹴るだけの単調なサッカーで選手間の連携がなかったし、守備のハイプレスについても組織だったというよりは各選手がひたすら頑張るスタイル。水戸はそれに対して、長短のパスを効果的に繋いで相手のプレスを躱して、数的同数や数的優位のチャンスを量産できていました。後半は、何本かカウンターを食らった以外はほぼ水戸支配の時間帯が続き、ゴールをこじ開けられるか/開けられないかが焦点となる試合展開になりましたが、結果としては中央を固めた栃木の守備をこじ開けられず。最終盤に、勝利を意識して焦りすぎたことが裏目に出てしまった印象でした。

攻撃面

ブラウンノアが気合い入ったプレーを見せてくれました。ボールもたくさん集まり、身体能力を生かしてそれなりに収まっていたと思います。ただ、ストライカーとしてのゴールの嗅覚がもう少し欲しい。前半にあった村田のクロスにタイミングが合わなかった場面は、合わせられなかったFW側の落ち度かなと思ってしまった。

平野の高い位置でのワンタッチプレーが秀逸で、栃木のプレスに的を絞らせませんでした。また、中盤の4人の平野・平塚・森・奥田はみんな良かったと思います。

守備面

失点の場面は住吉の中途半端なクリアが発端でした。あわよくばパスを繋ごうとして失敗したパターン。村田の守備の絞りの甘さも露呈してしまった場面でした。それ以外は、タビナスがパスを奪われてGKと1対1になるなどいくつか危ない場面はあったけど、全体的に守備の時間が短かったですね。そのため、CB2人についての印象は、ボランチと連携したビルドアップが上手かったなという印象が残っています。

三國については、身体能力はあるものの、足元の技術が拙すぎるのと、そもそも気合いのこもったプレーが皆無なのとでひたすら悪い印象でした。プレーのギアを入れる場面がほとんど見られずに終わりました。

選手寸評

牲川(5.5)ジュニーニョの強烈なシュートをブロック。バックパスの処理も上達!
住吉(5.5)守備の強靭さも攻撃時のテクも良い。ただ、失点に直結するミスが出た。
タビナス(5.5)あわや失点かというミス1一つあったが、それ以外は落ち着きあり。
村田(5.5)攻撃センスを生かしたオーバーラップを多く披露した。
三國(4.0)チャンスは比較的回ってきたが、気の抜けたプレーで台無しにしていた。
平野(6.0)栃木プレスを躱す効果的なパスを多く出せていた。迷ってMOMに。
平塚(5.5)平野とのコンビネーションは良く、攻撃の組み立てによく絡んでいた。
奥田(5.5)キープして時間を作る上手さは健在だったが、やや大人しめのプレー。
森(5.5)左サイドで良くボールを受けて、攻撃を引っ張った。
中山(5.5)2本のチャンスのどちらか決めたかった。連戦で身体の酷使が心配...。
ブラウンノア(5.5)積極的なプレーで相手ゴールに迫った。
大崎(5.5)途中投入で流れを変える。守備力次第だけど、先発起用も十分アリ。
新里(5.0)中盤でボールを回収して波状攻撃に繋げていた。
松崎(5.0)ドリブル突破はやや強引すぎる場面が多かった。ただ、相手には脅威。
山根(5.0)焦って空回るプレーが少し目立った。最有効なプレーを選択する余裕を。
安藤(5.0)疲労の中山に代わり攻撃を引っ張ってほしかったが、あまり目立たず。
秋葉監督(4.5)
試合後の1個人選手の吊るし上げインタビューは脇に置いておいても、性急すぎる選手投入がチームバランスを崩したと思うし、終了15分前に交代枠を使い切ったため中山の疲労に対処できないリスク管理の甘さなど、課題の残る采配だったと思います。

2021 J2第12節 金沢2-3水戸 終了間際の逆転劇

よくぞ逆転してくれました。後半の途中から水戸と金沢のプレーがお互いに雑なプレーが増えてオープンな展開になり、「どっちに転ぶかな?」と思っていた中でコーナーから失点。その後も、プレーの最後で精度を欠くことが多く決めきれず、正直そのまま敗戦かと思いかけていました。まさか2点取って引っ繰り返すとは。「This is football!」再びの展開になりました。中2日の厳しい日程での2連勝は大きいですね。

攻撃面

試合の入りのフォーメーションは3-4-3で安藤が真ん中を務めましたが、今日の出来を見ると評価をやや下げざるを得ないかなと思いました。プレーの勢いはありますが、中山と比較してしまうとボールの収まりや味方との連携が足りないですね。中山不在時の代役を期待していたけど差が大きい。山根も空回り気味のプレーでしたが、ワンチャンスで見事決めてくれました。初ゴールで勢いに乗ってほしい。

後藤田の攻撃センスは面白いですね。リスクを負った攻撃的なパスを選択することが多いので見てる分には楽しみ。クロスの精度や突破力もなかなかありそう。ただ、守備力の強化は大きな課題ですね。

守備面

センターバックの安定感は試合を重ねるごとに増してきていますが、今日はチーム全体として危うさがついてまわりました。後ろから繋ぐ意識があるのは良いのですが、金沢のプレスに狙われて失う場面が多かったです。また、金沢のロングパスを簡単に通されすぎてもいました。パスの出所への平野・木村のアプローチが弱かったからなのかな。見直しが必要なポイントかなと思いました。

選手寸評

牲川(5.5)前半・後半とも重要なシュートブロックを見せた。
住吉(6.0)今日も素晴らしいの一言。対人の強さ、カバーリングの意識、良い。
タビナス(5.0)守備は強さを発揮。ビルドアップに参加する意識が高いことは高評価だが、残念ながらロングパスはことごとく精度を欠いた。
鈴木(5.0)CBやボランチなど複数ポジションこなす。プレーにもっと強さが欲しい。後藤田(5.5)1失点目は相手に振り切られた。攻撃力はある。決勝点アシスト。
温井(5.0)重心が低く、相手に守備をさせやすくしてしまっている。
平野(5.0)金沢のプレスをダイレクトパスで掻い潜る意識は悪くなかった。守備軽い。
木村(5.5)後半から攻撃面で存在感を出した。決定機は決めたかった。
松崎(5.5)持ち前のキープ力で時間を作る。守備でも貢献あり。1点目をアシスト。
山根(5.5)低調な出来ながらも、1チャンスをモノにして今季初ゴール。
安藤(4.5)前線でボールを収められない場面が目立った。
森 (5.5)精力的にボールを受け、チームのために走った。
新里(5.0)同点ゴールをアシストしたが、それ以外は存在感がなかったかな。
奥田(5.5)2試合連続ゴールで決勝点。連戦でベンチスタートだが間違いなく主力。
大崎(5.5)攻撃のキレがあり良さが十分出ていた。守備はどうなんだろうか。
中山(6.0)諦めかけた時間帯に起死回生の同点ゴール。得点の重みを考慮しMOM。
秋葉監督(5.5)
前半は3バックと4バックを試合中に動かす過程で隙が生まれ先制点を許す展開となったが、後藤田のスタメン起用や選手交替(中山・奥田・里)は当たった。