TOO LONG AWAKE(水戸ホーリーホック応援blog)

水戸ホーリーホックの観戦記録などを綴っています。

2021 J2第7節 水戸0-2琉球

総評

チャンスを決めるか/決めないか、それで結果に雲泥の差がついた試合でしたね。前半から後半途中までにかけて、何度も惜しいチャンスは作っていたけれど、シュート精度の低さに泣きました。枠に飛ばさないと始まらない。個人的には、後半の柳澤のシュートは決めてほしかった。琉球も結構な数のチャンスを外してくれていたけど、ここぞというところで2得点。

戦術面で言うと、松崎や深堀などの選手の強みを生かせるメリットがある一方で、守備のバランスを取るのが難しいデメリットもあるシステムですね。守備面は前節よりは改善していたと思うけれど、悪い時間帯のときはセカンドボールを拾えず、ひたすら押されてしまう印象です。

攻撃面

中山・松崎の出来は素晴らしかった。特に松崎は自信を持ってボールを保持できていて、自分から仕掛けられるし味方も生かせるしで、中山とともに攻撃の中心になりつつありますね。奥田も相変わらず地味なプレーは多いけれど、常に前を向くことを意識していて好印象です。深堀は、ここぞというときのキレはあるけど、チームとして左サイドから崩す場面は作れなかった印象。あとはムラがあるのを直してもらいたい。

守備面

住吉は本当に惚れ惚れするぐらいたくましい選手になったな。タビナスは開幕戦からずっと書き続けているけどプレーが荒い。毎試合致命的なミスを犯すので怖い。

右サイドの守備は、守備力がアップした松崎とサッカーセンスを感じる柳澤の2人である程度安定感が出てたけれど、左サイドが穴でしたね。温井が裏を取られるシーンが目立ちました。温井は攻撃でも見劣りする印象なので、左SBはテコ入れが必要だと改めて感じました。

選手寸評

牲川(5.0)今日は守備範囲の狭さが露呈してしまった。シュートへの反応は良し。
住吉(6.5)強度の高いプレー、危機を察知するプレーでピンチを凌いだ。MOM。
タビナス(4.5)危ういプレーが何度かあった。空中戦で相手に後れを取る場面も。
柳澤(5.5)タイミングの良い攻撃参加は良かった。守備では途中から左もこなした。
温井(4.5)裏を取られてピンチを招くこと多数。攻撃でもl貢献できなかった。
平塚(5.0)システムに合わないか。ボールはそこそこ散らしたが、守備時は
奥田(5.5)良いポジショニングでボールを受けて、攻撃を活性化できていた。
木村(5.0)中盤を落ち着かせるプレーは良かったが、大チャンスで木村が理解できないスルーをしたところから2失点目が生まれた。
松崎(6.0)ゴールを決めきれなかったが、惜しいシュートを何度も放った。
深堀(5.0)キレのあるプレーを試合通じて継続できればもっと良いのだが。
中山(6.0)味方を生かすポスト。裏への抜け出し。守備の貢献。相変わらず良い。
ーーー
森(6.0)やや強引気味ではあったが気合い十分で、唯一交代選手で気を吐いていた。
ブラウンノア(5.0)足元の技術は高くなさそうだ。よく動いたがチャンスは作れず。
安藤(5.0)目立ったインパクトは残せず。味方を生かすプレーは苦手なのかな。
山根(4.5)短い時間ではあったものの、何もできずに終わる。
村田(4.5)森へ良いパス1本あったが、それ以外はイマイチな出来。
ーーー
秋葉監督(4.5)
「前半は良いが、後半から相手に修正されて崩れる」パターンは前節同様。
選手交替で流れを引き寄せることができず、逆にチームバランスを失った印象。

2021 J2第6節 東京V2-1水戸 後半は防戦一方

総評

好機を何度も作り出した前半に追加点を奪えなかったのが痛かった。後半は修正してきた東京V相手に対して防戦一方の展開になり、「よく1失点で済んだな」という内容。守備の脆さが改めて浮き彫りになりました。

特に、中盤の1ボランチ脇に簡単にパスを通され、攻め込まれるシーンを何度も見ました。今の4-3-3の場合、センターハーフ2人と両ウイング2人の計4人の守備の仕方が肝だと思うのだけど、今日の試合では中途半端に前目のポジションになったところに最終ラインと二列目の間で起点を作られ、悪い形で攻撃を受けてしまいました。チームとしてどう修正するのか考えなくてはいけないですね。

選手交替も裏目に。切れていた深堀・松崎を下げた結果、前線の迫力が無くなってしまった。途中交代の安藤と山根は、まるで存在感をださないまま試合を終えました。また、パフォーマンスが悪かった温井を早めに下げたのは妥当だと思うけど、三國の出来も低調。左SBは今後も弱点になりそうだなと考えさせられました。

攻撃面

深堀がどんどん仕掛けていく姿勢は素晴らしかった。1対1の勝負でも相手を凌駕していました。ポストを叩いた2本のどちらかを決めたかったところ。松崎も良さを発揮していた。ドリブルで仕掛けながら周囲を使うこともできるのは強みですね。中山は前半はポストプレーが輝いていましたが、後半はチームの重心が重くなったこともあって孤立してしまいました。サイド攻撃は、柳澤は悪くなかったですが、温井は意図が通じなクロス連発で足を引っ張っていました。縦に突破する力が不足しているので、守備する側としては守りやすそう。プレーにもう一工夫が必要。

守備面

後半はやられ放題。最終ラインが揃っていず、容易に裏に抜け出される場面が多かったし、何より、東京Vがプレスに来てるのに無理にパスを繋ごうとして自滅し、カウンターを受ける場面が多かったと思います。

選手別ではタビナスと温井が低調でした。タビナスは試合時間が進むたびに集中を欠いていった印象。僕が監督なら次節は起用しないレベルでした。温井は毎試合思うけど守備が軽く、簡単に突破を許しますね。

選手寸評

牲川(6.0)シュートへの反応早い。最終ライン裏のカバーもしっかり。成長している!
住吉(5.0)全体的には強さはあったが、失点に繋がり得る致命的ミスもあった。
タビナス(4.0)ミスパス多発でピンチを招き、守備では相手に上回られる。
柳澤(5.0)守備では後半押し込まれた。攻撃は周囲との連携でチャンスを作った。
温井(4.5)守備の穴になっていた。攻撃でもクロスの質が悪かった。
平塚(4.5)平塚1人の責任ではないが中盤を相手に使わせすぎ。ボールロストも多い。
奥田(5.5)得点は見事だったが、全体的に存在感が薄かった。もっとできるはず。
森 (5.5)積極的にボールを受けて攻撃を組み立てた(やや出しゃばりすぎか)。
松崎(5.5)狭い局面でもボールをキープし、味方を生かすパスを出していた。
深堀(6.0)気合が入ってキレキレだった。惜しいシュートを何本も放った。MOM。
中山(6.0)前半はポストプレーで好機を沢山作った。奥田へのアシストも良かった。
ーーーーー

安藤(4.5)途中出場であまりに存在感が無かった。
山根(4.5)ボールを貰う機会が少なく、数少ない場面でも無理に仕掛けて負けていた。
三國(4.5)失点シーンはボールへの詰めが甘すぎる。それ以外も低調な出来に終始。
木村(5.0)水戸のボール回しを落ち着かせることを期待されたが、できず。
村田(5.0)短い出場時間で、持ち味を発揮する場面なし。

ーーーーー

秋葉監督(4.5)
選手交代で試合の流れを悪くした面あり。
苦しい時間帯に修正をしっかり行わず、負けるべくして負ける展開を許してしまった。

2021 J2第5節 水戸3-0松本 連勝&クリーンシート

総評

前半は松本のプレスに嵌る場面が多く、危ないシュートも多く打たれました。特に、水戸の左サイドで再三ピンチを作られたのと、最終ラインと2列目の間でフリーでボールを受けられていたのが気になるところ。クリーンシートは嬉しいですが、守備の課題はまだ多く残っている感じは受けました。

前半を無失点で折り返せたのが大きかったですね。後半になって良い時間帯に先制点を上げると、チームとして更に1段ギアを上げ、畳みかけるように2点追加できました。この辺りはまさに秋葉イズムが発揮された場面でしょう。攻撃の手を緩めないチームの姿勢は今季も健在であることを確認できました。

中盤は平野・木村・奥田の3枚でしたが、バランスが良くかったと思います。特に奥田はボールの球捌きも良く、ワントラップで前向けるので、攻撃の組み立てで貢献していました。スタメンで良いんじゃないかな。今日の平野は、鋭いキラーパスを何本か見せてくれました。ボールを失う場面も少しありましたが、広い視野と展開力でチームを上手く機能させていたと思います。

攻撃面

山根が左ウイングとして初先発でしたが、良かった思います。裏に抜け出す意識があり、平野との相性の良さも感じました。ただ、ややまだ身体が重いのかな。本人としても早く得点という結果がほしいと思いますが、焦らずプレーしてほしいところ。松崎はこの試合でも目立った活躍をていました。相手が奪いに来る場面でも、身体を使ってしぶとくボールキープして、水戸の時間を作る働きを見せていました。中山キャプテンは2ゴールで大活躍。2ゴール目の反応は、まさにストライカーらしいプレーでした。早くも今季ベストゴール候補かな。

守備面

3バック相手に守備面での相性が悪いのは今節も継続。両ワイドへの守備対応は修正されているとは思いますが、まだまだピンチを招く場面が多いかなと。左サイドは温井の守備がやや軽めですね。右サイドについては、松崎の守備力が高くないですが(本人は守備意識を高めて努力してると思うけど)、木村が良いポジショニングでカバーしてくれているため、ある程度安定感を出せていると思いました。

最終ラインについては、ジェラの充実っぷりは今日も素晴らしい。ボール奪取後もスペースが空いてれば積極的に前にボールを運んでいて、プレーから自信がうかがえました。一方のタビナスは、前半に致命的クリアミスがあるなど不安定さが残りました。

選手寸評

牲川(5.5)至近距離のシュートにも良い反応。バックパスの対応も安定感出てきた。
住吉(6.5)球際の強さで本領発揮。ビルドアップも良かった。MOMの一人。
タビナス(5.0)守備のミスやパス精度の低さなどの課題は残った。
柳澤(6.0)2点目のアシストは圧巻のプレー。守備も安定感あり。
平野(6.0)ボールの捌き、時に魅せるスルーパスで存在感。守備アンテナも高かった。
木村(5.5)バランスを取りながらのプレーは流石。惜しいシュートもあり。
奥田(5.5)中盤でキープして味方を上手く使えていた。
松崎(6.0)2得点に絡む活躍。ボールキープ力の高さでチームに貢献できていた。
山根(5.5)裏への抜け出しで何本か好機に絡む。勝負強さがもう少し欲しいか。
中山(6.5)2得点の文句なしMOM。守備でも挟み込んで奪いに行くプレー光る。
森 (5.5)安藤へのアシスト。積極的に動いて途中出場の役割を十二分に果たす。
安藤(5.5)パワフルなゴール。中山OUT後は最前線へ。これが出来るのは大きい。
深堀(4.5)あっさり&ドライなプレーが目立った。期待しているので評価も厳しく。
新里(5.0)交代出場後、良くも悪くも特に印象なし。
鈴木(5.0)5バックの真ん中で守備固め。今日はこれで良いけど別の起用法も見たい。
秋葉監督(6.0)
チームのベースは継続しつつ少しずつスタメンを変えて起用しているのが功を奏す。
選手交替の采配もタイミングが早く、交替内容にも納得感あり。

2021 J2第4節 水戸3-0町田 守備修正で快勝

総評

見事な勝利でした。3得点も素晴らしかったですが、守備が修正されて零封できたことが何よりの収穫だと感じます。

まず、平野・木村・山根の中盤3枚が、お互いにポジショニングを意識しながらバランスを取れていました。3人がフラットに並ぶ場面も多かったのは、前目の2人(木村&山根)の守備意識を高めたということかな。最終ラインについても、戻ってきた温井が安定感のあるプレーをしてくれて落ち着きがありました。

また、攻撃時には松崎や山根が狭い局面でも前にターンしてプレーできるのがチームにプラスになってますね。水戸の攻撃が縦に速くなり、それにより相手を押し下げることにも成功し、水戸がリズムを掴みやすくなっていました(特に前半)。中山のポストも効いていました。

今日の試合は、突出して良いプレーをした選手がいる訳ではなく、チーム全体として前節からパフォーマンスを向上させることができていた印象。もちろん町田のフォーメーションとの相性もあるでしょうが、今日のようなチームの統一感のある試合を見せてくれたことは嬉しいですね。 

攻撃面

松崎が自分でどんどん仕掛ける姿勢の高さが目を引きました。相手も脅威だと思うので大いに結構。中山キャプテンは本日もチーム貢献度大。安藤についても、今日はあまり良さが出なかったものの、馬力と思い切りの良さがあって良い。山根は今までで一番良かったと思います。本人としては納得できるプレーではなかったかもしれませんが、守備もしっかり対応し、攻撃時には技術の高さを垣間見せてくれ、今後に期待できる内容だったと思います。本来のポジションではないでしょうが、順応しながら本来の武器を出してほしいですね。

守備面

最前線・中盤のプレスが上手く機能していて守備は安心感がありました。後半に風下になってからは劣勢に回り、そこに自分達のミスパスなどが重なってピンチを迎える場面が増えましたが、守備のバランスはそこまで崩されなかった印象です。

住吉のプレーの充実っぷりが素晴らしいですね。勢いあまってイエローカードを貰ってしまいましたが、「相対する選手には絶対に負けない」という感じが良いです。タビナスについては、試合全体としては強さは発揮しますが、所々で不安なプレーもあるので、そこは経験を積んで改善してほしいです。第1節ではSBの弱さが気になりましたが、柳澤は良い選手だし温井も計算できるので、ちょっと安心してきました。

選手寸評

牲川(5.5)キック精度が不安定だけど何故か味方に通るパスを蹴れていた。
住吉(6.0)強い。カバーリング能力も高い。
タビナス(5.0)終盤に失点に繋がりうる致命的ミスもあるなどときどき不安。
柳澤(5.5)攻め上がる判断、1対1の仕掛け、パスセンスなど、総合力がある。
温井(5.5)得点はラッキー。守備を無難にこなす中で精度あるクロスを上げられる。
平野(6.0)バランスを取りながら成熟したプレー。3点目に繋がる一撃キラーパス
木村(5.0)中盤で落ち着きをもたらす。無難な出来。
山根(5.0)決して悪くない出来。これから調子を上げていきそうな予感。
松崎(6.5)試合の流れを作る2点目。積極的なプレーの選択が素晴らしい。
安藤(5.0)「これ!」という場面は作れなかったが、悪くはない。
中山(6.0)3点目は会心のゴール。ポストや最前線のプレスなどでチームに貢献。
ーーー
平塚(4.5)地味に悪かったね。致命的なミスもあった。
森 (5.0)中盤で積極的にボールに触った。山根とのポジション争い勃発か。
ノア(5.0)前節よりはプレーに絡んだが、ビッグチャンスは作れず。
深堀(5.0)何度か前方でボールを保持し時間を作った。
細川(-)プレー時間短いため点数なし。守備固めで投入。
ーーー
秋葉監督(5.5)
完敗の前節から修正して今節は完勝。交代のタイミング、交代選手なども妥当。

2021 J2第3節 磐田3-2水戸 完敗

総評

 見事なまでに完敗でした。ジュビロの各選手がパス回しに長けていて視野も広いため、水戸のプレスは機能せず、無理に前掛かりになれば裏に抜け出され、むしろピンチを招いていました。特に村田が起用された水戸の左サイドの守備はボロボロでしたね。どんな場合に誰が対処するのかが意思統一されておらず、混乱していたと思います。後半から三國が入ってやや持ち直したけれど、決定的ピンチは前後半通じて多く作られていて、3失点は妥当なところだと思います。

秋葉監督は試合後インタビューで怒っていましたが、今日の敗戦は監督の采配によるところも多かった気がします。スタメン起用や、守備の修正、交代選手による活性化など、満足のいく内容ではありませんでした。

攻撃面

攻撃面では個に頼る場面が多かった。松崎や安藤の仕掛けは良いけれど、森や新里が連動的に絡んだ崩しは見られませんでした。ビルドアップの力量不足も露呈しました。平野が不在なためか、効果的な縦パスが入る場面が少なかった印象。タビナスが積極的に楔を入れていましたが、精度は荒かったですね。

今の4-3-3は中盤のうち2人を前に置く攻撃的な布陣のはずですが、まるで迫力がないのは何故なんだろう。まだまだチームの完成度は低いですね。 

守備面

村田のSB起用はちょっと限界ではないかな。経験不足で守備に穴が開くし、それを払拭させられるだけの攻撃力も感じないです。ただ、今日の左サイドの守備は村田だけの責任じゃなくて、安藤や新里の守備意識の低さも大きかったと思います。裏には抜け出されるし、クロスもフリーで上げられるし、やられ放題でした。

CKのゾーンディフェンスも危うさがありますね。1失点目は誰も鈴木雄斗に競っていないことが問題。その後のシーンでもポジションの悪さが気になります。セットプレーからの失点が今季増えないことを祈ります。

選手寸評

牲川(5.5)3失点を喫した。シュートへの反応の速さが成長している印象。
ジェラ(5.0)身体を張ったプレーは目立ったが、ルキアンを抑えきれなかった。 
タビナス(5.0)ビルドアップのミスパスが目立つ。身体の強さはあるので成長に期待。
村田(4.0)前半で交代が順当な出来。切り崩され続けた。
柳澤(5.0)攻撃センスは感じる。アーリークロスを多用しすぎか。
平塚(5.0)平野のように攻撃のタクト振るえず。守備すべきエリアが広く苦労してた。
森 (5.0)球際で勝てず、守備も軽く、良さは発揮できなかった。
新里(4.5)致命的ミスがあった訳ではないが存在感が無かった。
安藤(5.5)強引にもぎ取ったゴール。前への推進力は◎。守備は改善の余地大。
松崎(5.5)アシスト記録。1対1での仕掛けは大きな武器として力を発揮。
中山(5.5)相手に押し込まれ1人孤立する中で奮闘。今季初ゴールで勢いに乗れるか。
三國(5.0)積極的な寄せで守備の安定に貢献。ポテンシャルありそう。
山根(5.0)途中出場後、見せ場はほとんどなしか。セットプレーのキックは良かった。
鈴木(4.5)終始消極的なプレー。こんな実力だっけか。
ノア(5.0)よく動いていたが、大きなチャンスに絡めず。
深堀(5.0)出場時間が短かった。ただ、もっとがむしゃらにプレーしても良い。

2021 J2第2節 北九州1-2水戸 今季初勝利

総評

前半は水戸のハイプレスが効いて北九州を嵌め込むことに成功。中盤の木村と新里が安藤や松崎を追い越して、最終ラインまで圧力をかけていたのがポイント。それにより安藤や松崎の守備が軽減され、その分攻撃時に威力を発揮。どちらの選手も持ち味を十分に出せていました。中山も積極的にシュートを放っていて良かった(枠に蹴ってほしかったけど・・・)。

後半に入ると流れが徐々に変化。北九州のパス展開がワイドに広がり、ボールを受ける動きも増えたことで水戸のプレスが躱され、押し込まれる場面が少しずつ増えていく。その良くないリズムの中で失点したのはかなり嫌なタイミングでした。それでも、気持ちを切り替えて再度攻めに転じ、CKから同点、さらにカウンターから逆転と、一気に試合を引っ繰り返したのは素晴らしかったですね。アグレッシブな戦いぶりは今期も健在であることを証明。

逆転後もしばらくは、相手陣内でプレーさせる意識があって頼もしかったのだけど、最終盤に5バックにしたのは悪い手に見えました。北九州のボールホルダーにプレスが掛からなくなり、完全受け身の守備になってしまっていた。その戦術で守り切れる守備力があるとは言えないため、危うさを感じながら観ていました。結果としては凌いで勝利できましたが。

攻撃面

松崎は今のフォーメーションでは生きますね。中央エリアを木村に任せ、松崎は外に張り出したポジショニングから、縦の仕掛けもカットインもできる。かなりチャンスを作れていたと思います。安藤もゴールに向かうプレー選択が多くて高評価。ボールを収めることもできるので、もし大黒柱の中山が不在になったときに安藤が代役という重責を担うことになるのかな。あと柳澤、素晴らしいじゃないですか。何故開幕スタメンを村田に譲ったのが謎ですね。攻撃時のタイミングや思い切りの良さもあるし、守備面も安定していました。最後にもう一つ挙げるなら、温井のキック精度が地味に高くてCKに期待できそうです。

守備面

今日は前からのプレスが効いて安定して守れていた時間も長かったけれど、後半に入ってからは攻略される場面も増えており、やはり不安は残りますね。中盤3人のうち2人が前目の位置取りを意識しているので、それをかい潜られたときにスペースが大きい。そして、それを埋めるのが平野というのは心許なすぎる。また、今日は少なかったけどサイドチェンジを多用されると苦戦しそう。CBについては、ジェラは対人で負けないし、強くいくべき場面で強度を発揮して文句なし。タビナスも全体的には身体の強さはあるものの、今日の失点で相手の動きを抑えきれなかったりと、脆さも時にある気がします。良い点を挙げると、牲川が最終ライン裏のスペースをケアする意識が昨シーズンよりずっと向上していて成長したなと感じました。このプレーできるとチームが楽になる。

選手寸評

牲川(5.5)失点場面はノーチャンス。スペースをケアする意識でピンチを未然防止。
住吉(6.0)競り合いでは相手にまず負けない。ピンチでも身体を張って守れる。
タビナス(5.0)失点時は相手に上回られた。ときどき守備が後手に回る時も。
柳澤(6.0)攻守両面で光った。縦の仕掛けもできて中央に入れるパスもセンスある。
温井(5.5)オーバーラップはほぼないが安定感はある。CKのキックで得点に絡む。
平野(5.0)パスに不安定があり攻撃の持ち味控えめ。守備はまあまあこなしたか。
木村(5.5)エリアを広く動き回り、チームを勢いづける役割を担った。
新里(5.5)目立たない時間もあったが、ここぞという場面で決勝点。
松崎(6.0)得意のドリブルの仕掛けは効いていた。チャンスメイクも多数。
安藤(6.0)惜しいシュートあり。相手陣深くでどんどん前を向く積極性は◎。
中山(6.0)シュートを沢山打ち、プレスを沢山かけた。最終盤は疲れが出たか。
ーーー
平塚(5.0)攻守にわたって見せ場はあまりなかったかな。
森(5.5)新里への決勝点をナイスアシスト。守備時はもっと前から行く意識を。
深堀(5.0)チームの戦術で途中出場→途中交代の無念の結果に。
山根(5.5)1対1の仕掛けは良かった。守備もしっかり行う意識を感じた。
鈴木(---)短時間のため評価なし。5バックの中央に入り守備固めの役割。

2021 J2第1節 水戸1-2大宮 開幕戦敗戦

2020年シーズンの総括をしようといつか思っていたのに、気づいたら新シーズンが開幕してしまいました・・・。ということで、開幕戦に現地観戦してきました。

ーーー

試合は、前半は躍動感ある戦いぶりでしたが、後半は終始大宮に主権を奪われ、そのまま押し切られての逆転負けという残念な内容。今年も守備がチームの大きな課題になりそうな予感ですね。

まずは両サイドバックの弱さ。温井は及第点かなとは思うけど、守備の軽さや危機察知の部分が気になりました。村田については、ガッツと運動量はSB向きかもしれないけど、経験不足はそれだけじゃカバーできず、守備の穴になってしまっている印象です(大宮もしっかりそこを突いてきた)。

また、今季のメイン陣形を想定していると思われる4-3-3の中盤逆三角形。この陣形は、どちらかというと攻撃時に各選手の特性が生きやすい点で選択していると思うのだけど、水戸の現メンバーでは守備の安定感を欠きすぎる。アンカー平野しかり、その周囲をカバーする森・木村の守備力しかり。ちょっとリスキーな気がします。

攻撃面は、新戦力の安藤が大きな戦力になりそうな予感がしました。身体が強くボールを収められる力があるので、中山の不在時に頼りになりそう。ただ、中山と安藤はやはり同時に使いたいので、そうすると中山の代替がいるのか不安になります。

攻撃で感じたのは、有機的な連携が不足していたこと。個の仕掛けが多く、チームでの崩す場面はあまり見られませんでした。シーズン初めだから仕方ない面もあると思うので、ぜひ磨いてもらわないといけない部分。

あまり良い点を挙げてないので、最後に一つ挙げるなら住吉(今年からジェラと呼ぼう)ですね。身体もパワーアップし、責任感も出してきている。髪型もボニみたいになっちゃって。「2年目のジェラ」が「3年目のボニくらいの活躍をしてくれるんじゃないかと期待しています。

(余談)
チケットを事前購入したつもりで会場に行きましたが、実は購入済になっておらず、入場ゲート前でQRチケット当日券を購入する顛末がありました。観戦できて助かりましたが、5000人の観戦枠が売り切れるようになってほしいところですね。

【選手寸評】MOMなし
牲川(5.0) 2失点とも致し方ないが、届かなくても反応できても良かった。
ジェラ(5.5)強さを遺憾なく発揮。ビルドアップも鋭いパスを供給。良さを出した。
タビナス(5.0)高さなど強みも出したが、ビルドアップでパスミスも幾つか。
村田(4.5) 守備の仕方がまだ発展途上な感じ。成長すれば面白いかも。
温井(5.0) 卒なくプレーするが、好機ではしっかり攻め上がれる。守備やや不安。
平野(5.0) 良いパスも何本かあったが、自陣でミスパスの悪い癖も相変わらず。
        ただ今季のチーム成績は平野の出来にかかっている気もする。
木村(5.5) クレバーなプレーで前半チームに勢いをもたらす。
森 (5.5) 精力的な動きは相変わらず。セットプレーのキック精度上がったね。
安藤(5.5) 身体の強さあり、前への推進力もあり。先制点のラストパスは見事。
深堀(5.5) ワンタッチでの深堀らしいゴール。それ以外はまあまあの出来。
中山(5.5) 惜しいボレーあり。身体を張ったプレーが随所に見られた。
奥田(5.5) チームにリズムをもたらすプレーは今季も継続か。
山根(4.5) 積極的に仕掛けるも相手に負ける場面多かった。今後に期待。
松崎(4.5) ヘッドで押し込むだけのプレーは決めてほしかったので厳しめの点に。
柳澤(5.0) どんな特長を持った選手なのかいまいち見えなかった。
新里(5.0) プレー時間少ない。しっかり中盤でボールを保持してくれそう?